食べ過ぎた場合は調整すればOK

スポンサーリンク

ついつい食べ過ぎてしまうことというのは、
誰にでも覚えがあることではないかと思います。

食べ過ぎてしまっては、太ると分かっていても、
美味しいものを目の前にしては・・・ということです。

食べ過ぎた次の日というのは、胸やけなどもするし、
きっと体重は増えるだろうということで後悔一杯の気分です。

ただ、次の日ぐらいであれば、諦める必要はありません。

むしろ、食べ過ぎた次の日というのは、
どう過ごすかによって、いくらでも調整することは可能になるということです。

太る原因というのは、主に炭水化物や脂肪、たんぱく質になりますが、
これらが体脂肪に代わるにはそれぞれ時間がかかります。

脂肪はおおよそ12時間以内、炭水化物やタンパク質は、
1~2日の間には体脂肪に代わるようです。

ただ、逆を言えば、これだけの時間があるので、
この間で何とかしてあげることが出来れば、リセット出来ることになります。

何とかって言うのは、具体的には無理に3食食べないということです。

胸やけなどがする次の日というのは、
あまり食べたくないものですが、3食しっかり摂取しないと、
余計に太ってしまうのではと考えている人もいます。

しかし、食べたくないのであれば、無理に食べなくてもOKです。

スープや野菜ジュースなどで朝を済ませてしまっても構わないのです。

また、食べ過ぎてしまった次の日というのは、
1日通して軽めの食事にするというのも、リセットするためには必要なことです。

このようにすることで、食べ過ぎたことをなかったことにすることが出来ます。

食べ過ぎた次の日の朝は何も食べず、昼はそれなりに食べて、
夜はまた食べ過ぎるなんていうことをしては太ってしまうのは間違いないですが、
しっかりとリセットを意識すれば、少しぐらいの食べ過ぎなら何とかなります。

肝心なのは、食べ過ぎたことを意識して調整することが出来るかです。

そのために必要なのは、毎日、食べるものについて意識することですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする