夜のドカ食いを防ぐためには

スポンサーリンク

深夜のドカ食いというのは、ダイエットにおいて、
非常にNGなこととされています。

太ってしまう最たる行動ということになるのではないかと思いますが、
そうは言っても、お腹が減って寝れないという人もいるかと思います。

遅くまで仕事を頑張ったのだから、食事くらい思いっきり食べたいという気持ちも、
出てきて、ついつい食べ過ぎてしまうのではないかと思います。

しかし、これを永遠に続けていては、いつまでたっても肥満は解消されないこととなり、
悪循環に陥ってしまうことになります。

そうならないためには、やはり夜遅くに食べ過ぎるのを防ぎ、
せめて腹7分目ぐらいにとどめておくぐらいのことが必要です。

でも、お腹一杯食べたい気持ちの中で、7分目でとどめておくというのは、
かなり厳しい戦いになります。

そういう状況で食事していても満足感も得られないですし、
不満ばかりが溜まってしまうことになりますよね。

そこで、大切なことが、お腹ペコペコで夜遅くを迎えないということです。

お昼に食べてから、ずっと何も食べないままで仕事をして、
夜遅くを迎えれば、お腹もペコペコになるでしょう。

そこで、間食を上手く取り入れることによって、
お腹ペコペコになるのを防ぎ、食べ過ぎを防ぐという方法があります。

この方法を採用すれば、7分目でとどめておくのも、
それほど難しいことではなくなります。

では、間食には何を食べれば良いのかということですが、
間食にオススメなのは、ドライフルーツやナッツなどになります。

これらは手軽に食べられる他、ちょっとの量でも満足感が得られますし、
非常に間食に食べるメニューとしては優れたものとなります。

また、どんなに忙しくても、ササっと食べれるっていうのも、
忙しいビジネスマンの方にも嬉しいところではないでしょうか。

こういった間食っていうのを上手く取り入れて、
夜のドカ食いというのを、極力なくすようにしていきたいものですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする