朝食を抜くと貯金されると心得る

スポンサーリンク

朝食の重要性というのは、今までも多くが語られてきており、
健康に関心がある人や、ダイエットに励んでいる人であれば朝食がいかに大事かということは、説明するまでもなく理解しているかと思います。

メカニズムを説明すれば、様々な話が出来ますが、
ダイエットに絡めて話をするのであれば、実に単純明快で、
朝食を抜くことによって、食欲の貯金がなされてしまうのです。

朝食を食べない後に、昼食や夕食をいつも通り食べようと思っても、
実はなかなか難しいということになります。

それが、食欲が貯金されているためで、
貯金を吐き出すためにたくさん食べてしまい、何とか貯金分の空腹も
満たしてしまおうということになります。

結果的に食べ過ぎということになりますので、
太ることへと繋がってしまうわけですが、この空腹の貯金には、
とてもやっかいな罠もあります。

それは、空腹が貯金されているということは、
誰にも分らないということなのです。

朝食を抜いたからといって、その分が空腹として貯金されていると、
誰が考えることが出来るでしょうか?

恐らくほとんどの人がそういった考えを持つことが出来ず、
その時々の空腹は正しいものだとして、食事をしてしまうのではないかと思います。

しかし、その空腹に正直に食べてしまっては、
食べ過ぎということになり、太ることへと繋がってしまうのです。

ですから、出来るだけ食事をする際は規則正しく食べるようにし、
空腹の貯金なんていうものはためないようにしたいものです。

朝食を抜くということは、そういった空腹の貯金というものをためることになるので、
決して身体には良くないということになります。

朝食の重要性が何となくしか理解していなかった人でも、
この話を聞けば、いかに朝食が大事かっていうことが理解出来るのではないかと思います。

ためて良い貯金はお金の貯金だけであって、
空腹の貯金は出来るだけためないようにしたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする