睡眠とダイエットの関係

スポンサーリンク

睡眠とダイエットというのが、実は密接に関係していたというのは、
今や誰もが知っている事実ではないかと思います。

シンプルな話で、睡眠時間が少ないと、食欲を増進させるホルモンが増えて、
食べ過ぎてしまうことになるため、太るという流れです。

これは睡眠不足によって、食欲を増進させるホルモンというのが活発になるためで、
このホルモンが暴走しないようにすることがダイエットにおいては大切なこととなります。

この程度の知識であれば、ダイエットに詳しい人であれば多くの人が知っていて、
今更と思われるかもしれませんが、実は、この睡眠時間とダイエットの関係には、
続きがあったようです。

その続きというのは、睡眠時間を摂り過ぎてもいけないということです。

今までは、単純に睡眠時間が足りなければ太りやすいということだったと思いますが、
そこに加えて睡眠時間が多過ぎてもダメだということになるのです。

こうなってくると、単純にたくさん寝るのが好きだった人は、
睡眠不足で太るという心配がないと安心していたかと思いますが、
寝過ぎることにも注意しなければならなくなったわけです。

ちなみに、どのくらい寝るのが適正な時間かというと、
7~9時間ぐらいがベストな時間ということになるようです。

これは実際の研究で明らかになっているようで、これ以上の睡眠時間となると、
BMI指数をあげる危険性っていうのが出てくるということです。

このように睡眠時間とダイエットの関係っていうのは、
今までは睡眠不足がNGでしたが、それに加えて寝過ぎてもマズイっていう話も
出て来たことになります。

出来るだけ7~9時間の間にしておくというのが理想ではありますが、
多くの人は足りないというのが現実だと思います。

そのため、出来るだけ普段は長く睡眠時間を取るように心がけ、
長く寝れるぞっていう時は、寝過ぎないように少し注意すると良いでしょう。

睡眠時間は身体の健康にも関わってくることですので、
色々と気を配りたいところですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする