脂質っていうのはとても重要

スポンサーリンク

ダイエットの時に甘いものであったり、脂っこいものであったりっていうのは、
太る原因になるということで、避けるべきものとして取り扱われることが多いと思います。

出来るだけ食事はあっさりとしたものを食べるようにし、
甘いものなどでのデザートは一切、食べないようにするという人も、
かなり多いのではないかと思います。

これはダイエットにおいて特別に悪いことではなくて、
実際に甘いものや脂っこいものっていうのは、カロリーも高く、どうしても太る原因になるため、過剰に食べるのは避けたほうが良いというのは正しいでしょう。

しかし、食事の中でこれらを全てカットしてしまうようなことがあれば、
それは正しい食事の姿とは残念ながら言うことが出来ないとなります。

特に脂質は、食事において必要であり、身体にとって大事な栄養素ということになります。

脂質と言っても、何でも良いわけではなくて、
身体にとって良質な脂質が必要になるわけですが、いわゆる一価不飽和脂肪酸であったり、多価不飽和脂肪酸は、心臓を守ってくれる効果があったり、LDLコレステロールを下げてくれたりということが期待出来ます。

これを聞けば、脂質がいかに身体にとって大事な栄養素なのかっていうことが、
よく分かるのではないかと思います。

ちなみに、こういった身体にとって良質な脂質っていうのは、クルミであったり、
アーモンド、アボカドやオリーブオイルに豊富に含まれています。

これらの食品を普段、あまり摂取することがないという人は、
出来るだけ摂取するようにすると、身体にとってはプラスに働くでしょう。

また、こういった良質な脂質っていうのは、お腹にしっかりとたまるので、
すぐにお腹が減ってしまうということはありません。

その上、エネルギーレベルを上げてくれる効果っていうのもありますので、
ダイエットに非常に効果的なのです。

今後は脂質だからと言ってすぐに避けるのではなくて、
まずは良質な脂質かどうか見極めるところから始めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする