必ず痩せるわけではない

スポンサーリンク

ダイエット方法が色々と紹介する中で、どの方法を選択するのかっていうのは、
人それぞれで違うところではありますが、選択した方法が必ず効果的かというと、
決してそうではないこともあります。

メディアなどが効果があるということを信じてしまい、
その裏にある根拠を知らないままに実践してしまうことから、
効果がない方法を続けてしまうということになるのです。

ただ、その間違ったダイエット方法を続ける中でも、
偶発的にダイエット効果に繋がる効果が得られるケースもあり、
それでダイエット効果があるとして広まるなんていうこともあるのです。

最近で言えば、直接的なダイエット効果については、
疑問を持たざる負えないのがグルテンフリーダイエットになるようです。

このダイエット方法というのは、グルテンが含まれている食品を、
避けることによってグルテンを摂取しないというものです。

グルテンというのは、パンやパスタなどに含まれているモチモチした食感を出している
栄養素ということになりますが、どうしてこれを避けることで、
ダイエットに繋がっていくのか?

実はここがあまり理解されておらず、そもそも直接的にはダイエット効果は
得られないという話まであります。

そもそも日本で流行ったのはテニスプレイヤーのジョコビッチ選手の影響ですが、
このグルテンフリーは健康という観点からスタートしたものとなっています。

グルテンに対してアレルギー症状が出てしまうことを避けるため、
グルテンフリーの食事にしたことで健康になり、プレイにも良い影響になったと
されています。

しかし、仮にグルテンフリーの食品であっても脂質や糖質が高ければ、
やはりそれは太ってしまう原因になると考えられます。

あくまでグルテンフリーは健康のための食事の方法であり、
直接的にダイエット効果はないということを認識する必要があります。

もちろんグルテンフリーをきっかけに普段の食事内容を見直して、
結果として痩せるということは十分にあり得ますので、そこを意識したほうが
良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする