自分も欺くことなかれ

スポンサーリンク

ダイエットする上で、様々な方法やそれを実行するためのテクニックなど、
成功するためには必要な要素というのはたくさんあります。

しかし、いくら優秀な方法であっても、テクニックを駆使したとしても、
成功するためにはやはり本人の意思というのが非常に大切です。

本人の意思が備わってなければ、
どんなに優秀な方法も意味がないわけで、ある意味では、
ダイエットは自分との戦いと言うことが出来ます。

まるでゴルフみたいですね。

ダイエットにおいても、メンタルが非常に重要になってくるので、
めげずに続けるということが大切になるわけですが、
その中で大切になってくるのが自分に嘘をつかないということです。

よくダイエットしていると、ついついポテトチップスを食べたとか、
ついつい夜遅くに食べてしまったなんていう瞬間があるかと思います。

もちろんこれはダイエットということから考えれば、
NGな行為になるわけで、決して褒められたことではありません。

そして、こういったことをしてしまった時は無意識になんて気になるのですが、
その瞬間が自分を欺いている瞬間ということになります。

食べるということにおいて、無意識というのは基本的にないわけで、
自分が良いと思って食べているということになります。

少しぐらい食べたってそれほど影響はないだろうというのが、
大きな言い訳の1つであることは間違いないでしょう。

しかし、そういった言い訳によって自分を正当化して、
欺いているようであればダイエットは成功しません。

それであれば、潔く食べるということは認めてしまって、
次に頑張ろうという形で前向きに進んだほうがダイエットとしては、
成功することは間違いありません。

まずは自分を欺かないこと。

ここから始めてみると、ダイエットの意識もぐっと変わってくるはずです。

時に自己嫌悪になってしまう方もいますが、
自分がやることですから、嫌悪感を抱くよりも、次にどうする?

これを大事にしていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする