課題を設定するところから

スポンサーリンク

今やダイエットしている人なら誰しも、
していなくても多くの人が知っているのがライザップです。

あの独特なCMは見ている人の記憶に残ること間違いなしと思いますが、
このライザップで痩せようと考えた時には、1つの特徴があるのだそうです。

通常、ジムなどに行くとどれぐらい痩せたいですか~?という感じで、
数値として目標を聞かれることがほとんどで、それに対して、こういったメニューを
行っていきましょうという感じだと思います。

それに対して、ライザップでは、同じように最初は数字などの目標を聞かれるものの、
そこから本当の願いは何なのかっていうのをトレーナーと一緒になって、
課題を設定していくところから始まるようです。

例えば、単純に5kg落としたいという人がいたとして、
ライザップでは、更に掘り進んでくびれが作りたいのか、お腹をひっこめたいのか、
足のむくみを解消したいのかっていうことを問い詰めていきます。

そうすると、本当に5kg痩せたいっていう目標が適切だったのかが、
分かることになり、もっと良い方法がないのかっていうのが見つかるということです。

例えば、くびれを作りたいのであれば、単純に痩せるよりも、
ここの筋肉を付けたほうが良いなどというアドバイスに繋がるわけです。

結果として体重が増える方向になったとしても、
くびれが出来て、見た目がすっきりするのであれば、
満足ということになるわけですから、体重が全てではないのです。

このように自分が思っている根っこにある課題を解消してくれるのは、
ライザップの良さなんじゃないかと思います。

また、個人個人に合わせてプログラムを作ってくれるために、
お酒を飲んでいた人が、いきなり禁酒なんていうことはないようです。

例えば、週に何度かにするなど回数の制限はあるものの、
まずは無理ない形で実行し続けることが出来るように組まれるために、
終わった後も過度のリバウンドがないなどに繋がっているようですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする