夏休みは太る・・・?

スポンサーリンク

今や夏休みっていうのは、はるか昔のことになってしまっているので、
もう思い出のかけらぐらいしか残っていませんが、この夏休みっていうのは、
太る太らないのある傾向があるようです。

子供の子って、夏休みっていうと、
たくさん騒いで遊んでっていうイメージがありましたが、
どうやら子供の中でも肥満児というのは、夏休みは太る傾向にあるようです。

ちょっと不思議な気もしますが、これっていうのは、
夏休みは活動量が減るからではないかと言われています。

夏休みって、子供達にとっては、毎日が自由時間みたいなもので、
朝から外に遊びに行ってもゲームしていても良いわけです。

そういった中でどうしても肥満児の子っていうのは、
家の中で遊ぶことも多くなるために、活動量が減り太ってしまうということです。

また、更には夏休みっていうのは、気温が暑いということもあってか、
清涼飲料水などを飲む機会っていうのも増えるのだそうです。

砂糖たっぷりのジュースなどをたくさん飲めば、
それは太るよねっていうことになるわけです。

ここまでの理由を聞けば、どうして夏休みが太りやすいのかっていうのも、
納得できるような気がするかと思います。

ただし、このデータ、傾向があるというだけで、はっきりと相関が取れていると
いうわけではないようですので、一概に断定は出来ないようです。

しかし、ここまでの説明を聞けば、何となく納得いくとか、
言われてみればうちの子も・・・なんていう家庭もあるかもしれません。

大人でも、ちょっとした長期休暇になれば、
子供の夏休みのように活動もせず、家の中でじっとしているという人も、
少なくないんじゃないかと思います。

そうなれば、子供が肥満になるように、
大人もまた太ってしまうことになりますので、意識的に動きたいものです。

ダイエットしているという人であれば心配ないかと思いますが、
出来るだけ日々、動くということはダイエットにおいて重要なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする