洗いものは増えるけど、食べる量は減る

スポンサーリンク

食卓におかずが並ぶ時って、家庭ごとの形があると思います。

なかなか他人の人様の家でご飯を食べることはないので、
他の家庭がどのようにおかずを並べているか分かりませんが、
我が家では大皿にドカって並ぶことがほとんどでした。

作るほうからしてみれば、そういった形で出したほうが、
圧倒的に楽なのは間違いないんですよね。

僕も料理をすることがあるので、その辺りの気持ちはよく分かるのですが、
人数を作って大きなお皿にドガってやれば、
それだけで十分に食卓を形成することは出来るわけです。

ただ、この大皿というのは、ダイエットするにあたっては、
案外、やっかいだったりします。

なぜかというと、自分の食べた量というのを把握することが出来ず、
ついつい好きなものだったりすると食べ過ぎてしまうことになるからです。

ダイエットにおいて食べ過ぎというのは、禁物であることは、
既にダイエットをしている人であれば、当然のことですよね。

そのため、ダイエットということを考えるのであれば、
大皿でメニューは出さないほうが良かったりするのです。

もちろん最初に説明したように、出すほうからしてみれば、
多少の手間は増えてしまうことになるんですけどね・・・

それでも、洗いものが増える分、食べる量が減り、
体重も減るのであれば、特別難しいことではないと思います。

むしろ体重が減るのですから、
これ以上、望むべきことってないんじゃないですかね。

普段、食卓に出てくるおかずは、
大皿にドカっていうタイプだという人は、
ぜひ小分けにして出すというのを試してみて下さい。

しかも、その一人一人で出す量というのは、
少し少なめにしてみるとより効果的です。

不思議なもので、この分だけだよという形で、
食卓に並べられると、それだけで満足してしまうものなんですよね。

もしかしたら僕だけなのかもしれませんが、
一度、やってみる価値はあるのではないかと思います。

それで更に量が減らせるなら、十分にありだと思いますからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする