太ることも一つの才能⁉リミッターを外せる人は凄い!!

スポンサーリンク

これからダイエットについて書いていくのですが、

今回は太るということについて、

ちょっと思ったことを書いてみようかなと思います。

痩せるということは太るというのと反対なわけですから、

太るということを知るのも大事だと思って記事にしてみます。

さっそくですが私は太っていると言っても、

それほど爆発的に太っているわけではありません。

いわゆる普通のデブレベル‥?かな。

たまに道を歩いていると、他の人に振り替えられることもありますが、

テレビで出てくるようなタレントさんほどは太っていないと思う。

タレントさんみたいにキャラ立てできるほどの体型ではないと思います。

テレビに出てるタレントさんを見ているとビックリしちゃうのだけど、

最近、特に驚いた人は安藤なつさん。

この方はメイプル超合金というお笑い芸人コンビの一人なのですが、

安藤さんは女性で、体重が130キロもあるそうです。

130キロというとお相撲さんクラスなのですが、

何が凄いかというと、実はここまで太るのが大変なんです。

太ったことがない人には分からないかもしれないけど、

太るというのも実はそれなりに才能が必要なことになります。

特に体重を100キロ越えようと思ったらなかなか出来ることではないのです。

それはなぜか?

身体が悲鳴をあげるためです。

つまり、食べようと思っても食べれない、太ろうと思っても病気になっちゃう。

そんなことが100キロを越えようと思った時に出てくるのです。

100キロを越えようと思ったら、

まずは強靭な内臓が必要だと言われるのは、こういった理由にあるのです。

これはあんまり知られてないみたいで、

この前飲み会の場で披露したら、へぇ~と感心されました。

そこまで目指すの?なんて聞かれましたけど、そこは断りましたけどね。

太り続ける前に身体が悲鳴をあげるということなんだと思いますが、

痩せのも一緒ですよね。

あまりにも痩せすぎてしまっては身体がどこかで悲鳴をあげます。

結局、太っていても痩せていても、極端なのはなかなか難しく、

なりたいと思っていても、なかなかなれるものではないということなんだと思います。

まぁ標準体重を目指す私には関係ないですけどね。

自分のとっての標準体重はハードルはけっこう高いです。

いまの体重からマイナス20キロ、ですかね。

ですので、この辺りで本気をだしてあの手この手で

ダイエットをがんばっていく予定です。そのためにこのブログを

書き始めたようなもの。

‥と最後に、食べるまえに飲むことで余分な炭水化物をカットするサプリメント

があったんです。私はこのブログを書く少し前にダイエットまわりのことを

ネットで調べていてその存在を知ったのですが、マキシマムストレングス。

ネットでさらに調べるとこのマキシマムストレングスはカーボブロッカーサプリ

という部類に入るのだそうです。気になるなぁ。

オオサカ堂には500件のマキシマムストレングスのカスタマレビューがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする