夜遅くに食べない!!ダイエットでは基本中の‥

スポンサーリンク

夜遅くに食べてはいけないというのは、ダイエットをする上では、

基本の基本の基本‥ぐらいのことになります。

ずっと前から親にも言われてきましたけど、

どうしても僕はこのクセが抜けなくて困っています。

さっき夜ご飯を食べたはずなのに、寝る前に限ってお腹がすいてきて、

その誘惑に勝てず、結局何かを食べてしまうのです。

それがお菓子レベルであれば可愛らしいものですが、

時にはカップラーメンや冷凍食品などに及ぶことも少なくありません。

立派に一日4食になっている。食べ過ぎです。自分で言うのもナンですが。

確かに、それじゃあ痩せるわけないんだよな~と思いつつも、

お腹が減っては寝れずということで食べてしまっていたわけです。

実際、夜遅くに食べると太るというのは分かっていることで、

これは科学的にも証明されています。

例えば、同じものを昼間と夜遅くに食べるのとではどう違うのか?

昼間に食べたものであれば、昼間に活動している中で、

消費されるのでそれほど大きな影響はありません。

しかし、夜遅くであれば、そのまま寝てしまうことがほとんどであり、

消費されるという期待はもてません。残るでしょう。

そのために血糖値を上げやすく、脂肪が出来やすくなってしまうのです。

こういった理由から夜遅くには食べていけないということになります。

ダイエットする上で様々なことにチャレンジすることになりますが、

この夜遅くに食べるというのだけは、やらないようにしようと思っています。

例え、他のどれも達成出来なかったとしても、

これだけは守ろうと考えているほどです。

正直、これだけでもかなり効果が出るのではないかと思っています。

ただ、今まで食べていたものをいきなりまったく食べないというのは、

非常に辛いのかなとも考えています。‥というか、これができれば

今頃痩せることで悩んでません。強靭な精神力が必要です。

そのため、少しずつということで、

まずはカロリーが低いものに切り替えるところから始めて、

さらに量を減らしていければと思います。

いきなり全部カットというやり方で頑張れる方もいらっしゃるでしょうけど

僕にはどちらかと言えば、少しずつやるほうが合っていると思うので。

炭水化物が僕は特に好きなので、

カーボブロッカーサプリも検討しています。

食べるまえに飲むって感じで余分な炭水化物をカットしてくれるそうです。

オオサカ堂には500件のマキシマムストレングスのカスタマレビューがあります。

でも仕事のストレスもあるから、発散するために知らず知らずのうちに

食べているのかもしれない。身体的には満腹でも、精神的に満たされてない‥?

やっぱり身体と精神は別々なものだと思います。

そう考えるとストレスは大敵です。この点も考慮しないといけない。