ドカッと一気に食べるよりも、何回かにわけて少しずつが良い

スポンサーリンク

ダイエットする中で、食べ方というのは1つのポイントになります。

どういった方法で食べるが痩せるのに近づくのか、

それが非常に気になっていたのですが、

どうやらちびちび食べるほうがダイエットには効果的みたいです。

※カーボブロッカーサプリで余分な炭水化物をカット⁉

マキシマムストレングスの体験談や感想はこちら。

どういうことかというと、

量に変化がない時に、1度に食べるよりも、

数回に分けて食べたほうが良いということです。

よく健康的な生活を送るためには、

規則正しく3回食べると良いと言われているのを、

多くの人が聞いたことがあるはずです。

これは朝、昼、版のことで、多くの人はこのペースを守っているかと思います。

その間に食べる間食については、

ダイエットしている上ではもっての他ということで、

出来るだけ食べないようにしている人も少なくないでしょう。

しかし、全体の量を変えないということであれば、

1日3回ということにこだわらずに、数回に分ける、

例えば、1日5回という形のほうがダイエットには効果的だということです。

これは身体の血糖値のインスリン量が関係しているわけで、

例えば、3回と5回の食事を比較した場合は、

5回のほうがインスリン量に変化がないということになります。

3回のほうは食事をするたびに上下する値が大きいということです。

たった、これだけのことで体重に変化が出るのであれば、

僕もぜひともチャレンジしてみたいなと考えています。

今までダメだと思っていた間食をしても良いということになるのですから。

ただ、先ほども説明した中に大事なポイントが隠れています。

それは全体の量としては、変更がないということです。

数回に分けることで、1日全体で食べる量というのが、

増えてしまっては何の意味もないということになります。

摂取カロリーが増えるのですから、体重が増える方向に働きます。

あくまで全体の量は変えないというのがポイント。

ただ、回数を増やした時に全体の量を一定に保つことが出来るのか?

これがかなり難しいんじゃないかと思いますが、

量を変えないという事もキモで、それだけ食費も抑えられるのかなぁと。

一食分を複数回にわけて食べるのが答えですが、

暮らしている環境によってはピタっとハマるダイエットなのでは?と思います。

僕は普段お仕事をしてるので、どうだろうなぁ~

朝昼晩の3食じゃなくて、だいたい朝昼の2食なんですよね。

これまで夜19時過ぎたら食べないということはしてきて、

これとは逆になる食事回数を増やすことにはほんの少し抵抗があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする