バナナこそ寝る前に食べる最強の味方です!

スポンサーリンク

寝る前にお腹が減ってどうしようもないことってあるかと思います。

そういった時についついポテチなどの袋を開けて、
食べてしまったという経験がある人も少なくないのではないかと思います。

ちなみに、僕もそんな一人なので、
過去にはついつい食べてしまって、後悔したことは1度や2度ではありません。

ダメだと分かっていても、ついつい食べてしまうわけですが、
お腹が減っては寝ることは出来ませんので、やっぱり仕方ないと思うところもあります。

そこで、次に上がるのは、何を食べるかということです。

ポテチでは身体に悪いけれども、
何か寝る前に食べても良いものがあれば、それに越したことはないですよね。

そこでオススメしたいのがバナナです。

バナナと聞くと甘いし、太りそうなイメージがありますが、
寝る前に食べるにはもってこいの食べ物なのです。

そもそもの栄養素が豊富であることはよく知られていますが、
成長ホルモンを活性化させる働きがあるので、
カロリー消費を促すことに繋がります。

また、糖質を分解する酵素が豊富に含まれているので、
血糖値が上がりにくいという効果もあります。

このようにバナナには太りにくい食べ物であると言える他、
そもそも疲労回復などにも効果があります。

疲れた身体には非常に優しい食べ物なのです。

更に他の食材と組み合わせも非常に良く、
ヨーグルトなどとの組み合わせは特にオススメです。

このように寝る前に食べるということを考えた時に、
バナナはオススメするべき要素というのはたくさんあります。

どうせ食べるのであれば、ポテチなどの太る要因ではなく、
身体に良くて、太らなくてというバナナなどの食材を選びたいところです。

そうすれば、食べたとしても後から罪悪感に狩られることもありません。

もちろん一番は食べないという選択肢が良いのですが、
お腹が減っては仕方ないですからね。

無理に我慢するくらいなら食べてスッキリ寝ちゃいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする