ストレスばかりが溜まるようではダメ

スポンサーリンク

ダイエットする上で、カロリーを気にしてみたり、

運動を積極的にしてみたりと、いろいろなことをやらなければなりません。

そういったダイエットにおいて、さけて通れないのはストレスではないかと思います。

痩せるためには仕方がないことかもしれませんが、

仮に食べるのが大好きな人が、ダイエットにチャレンジする際、

食べることを制限するというのは、非常にストレスになると思います。

このストレスですが、ダイエットにおいて発生するストレスは、

放っておきすぎてもダメみたいです。‥まぁ確かにそうですね。

ストレスが今度はリバウンドや太る原因になってしまうので、

ダイエットするにあたってもストレスとは上手く付き合っていかなければなりません。

出来るだけストレスは上手く解消しながらダイエットしていくというのが、

理想の形となっていくのです。

解消の仕方は人それぞれだとは思いますが、

食事で解消するのであれば、量よりも質にこだわってみるということです。

たくさん好きなものを食べてしまうというのは、NGなことですが、

たくさん食べるのではなくて、好きなものをちょっとだけ食べるというのであれば、

ある程度、OKということになります。

ダイエットにおいて、制限することは大切ですが、

あれもこれもと我慢しないこと。質にこだわっていくのであれば、

好きなものを食べても良いということになります。

そこで上手くストレスを解消してあげることが出来れば、

結果的にダイエットは上手くいくことになります。

ストレスは溜め過ぎないというのは何ごとにおいても鉄則ですが、

これはダイエットにも同じことが言えるということになります。

僕もダイエットを始めた頃っていうのは、あれもこれもと我慢していましたが、

結果的にそれでは自分を追い詰めるばかりで、上手くいかないなということには気付けた。

それよりも歩みはゆっくりだとしても、

間違いなく成功する方法のほうが良いだろうって今は思っています。

ストレスとの付き合い方はなにもダイエットに限ったことではないですが。

やはり、人の生き方は個々でそれぞれ。

置かれている環境も大きくストレスに影響します。

僕は都心部に暮らしているわけでも、勤め先が都内にあるわけでもない。

それだけでもあの朝の満員電車にのらなくていい利点があります。

(しかし僕は田舎暮らしですので、田舎ならではの不便な点は許容しなくてはならない)

満員電車を経験した人に聞くと、朝っぱらからあんな状況はキツイと。

間違いなくストレスに直結するし朝っぱらからですからね。

ぼくはまだ利用する必要がないだけ恵まれてるなと思います。

なんであれ、自分としてのストレスの付き合い方を見直してみます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする