これって良いことづくめの食材では!?

スポンサーリンク

夜、寝る前なのに、お腹が空いて寝るに寝ることが出来ない‥

ということありますよね。

僕も、こんな状況にたびたび追い込まれては、

食べるか食べないか?の瀬戸際の戦いを自分で行うことになります。

しかも僕は、かるい?不眠症のケも持っています。

前の仕事の影響か、精神的なストレスが大きな要因だと思うのですが、

なかなか寝付けないことがあったりします。

寝ようと思って横になり布団をかぶるのですが、

そのままの体勢で2時間ほど寝付けなかったり‥

もちろん、生まれつきではなく、

僕が思うに前の仕事の影響だとおもってます。

今はもうそこは辞めて違う会社に勤めてますが、

そういえばその会社に居るときから体重も気にし出して。

今考えると色々なものをもらってきたなぁ~という感じです。

‥と話を戻して、以前も書きましたが、夜遅くに食べるのは、

胃に大きな負担を強いることになるということを認識して、

出来るだけ食べないようにしています。

でも、そうは言ってもどうしても食べないと寝れないよ‥という時ありますよね。

そんな時は諦めることもあるのですが、

そういった夜遅くに食べたくなった時に便利な食材があります。

僕も最近、知ったのですが、その食材というのが、はちみつになります。

はちみつと聞くと、甘いしカロリーも高そうだし、

寝る前に食べたら太ってしまうのではないかと心配になる人も多いです。

しかし、このはちみつ、確かに甘いし、カロリーもあるのですが、

一つの効果を期待できちゃうんです。

その効果というのは、成長ホルモンを出すというものです。

はちみつを寝る前に摂取することで、

成長ホルモンをガンガン出すことに繋がります。

この成長ホルモンですが、疲労回復や代謝アップに繋がるということで、

ダイエットにも効果があるということになるのです。

夜遅くにはちみつなんてと思いきや、

これだけの効果があるのであれば、摂取しない手はないと思います。

僕も寝る前にたびたびはちみつを取るようにしていますが、

はちみつは天然のものとし、レモンと一緒にお湯で割って飲んでいます。

お湯で割って飲むことによって、

身体もお腹も心も落ち着くので、すんなり寝ることにも繋がるのです。

寝る前に食べたくなるという人や、

そうじゃなくても、疲れがなかなか取れないという人は、

ぜひぜひ試して貰いたい方法になります。

はちみつさえ買ってくれば、

今日からでも出来ちゃう方法です。

まずは騙されたと思って、はちみつ割を一杯。

これできっと痩せるサイクルへと入っていくはずです。